逸失利益を請求していることに疑問を感じた裁判

知的障害を持っていた最愛の息子さんを15歳という若さで不慮の事故で亡くされたことは遺族にとっては現実として受け入れなければならないのはとても辛いことだと思います。

しかしこの裁判に関して色々と疑問が沸いてしまいました。

息子さんは鍵が掛けられていない入所施設から出てしまって川で死んでしまいました。

見張っていなかった施設にも問題があるように思いますが、この両親が慰謝料だけではなく、もし将来息子が働いていたらもらえる給料の逸失利益も含めて1億円以上の賠償を求めたのです。

これはいくらなんでもやり過ぎではないかと思います。

彼が障害者でも障害者じゃなくても、たくさん仕事で稼げる人になるかどうかは分かりません。

この夫婦は大金が欲しいだけなのではないかと考えてしまいました。

施設を恨むのであれば、預けないで自分たち夫婦で子供を見ているのが良かったと思います。

そうすれば大切な息子さんを失わずに済んだと思います。ミュゼ コース